DIVE-AREA

Coral-Triangle    English

コーラルトライアングルとは    "The Amazon of the Seas"  
フィリピン、マレーシア、インドネシア、東ティモール、パプアニューギニア、ソロモン諸島にわたる三角形状の海域で500種以上のサンゴと2500種類以上のコーラルリーフフィッシュが生息するといわれています。コーラルトライアングルは多様な海洋生物の宝庫であり、赤道直下の強烈な太陽光線を浴びて豊富な植物プランクトンが酸素を発生することから海のアマゾンとも呼ばれています。酸素の発生量も多いことから地球の酸素の1/6を生成するといわれているアマゾンの森林とともに地球規模の環境の保護が必要なエリアです。コーラルトライアングルイニシアティブや WWF等の管理のもと貴重な海洋資源の保護プロジェクトが進行中です。赤い「Boundary」で囲まれた範囲が実際の保護対象エリアです。
Protect ”Coral Triangle”! : The global center of marine biodiversity!
エリア別の推定海洋生物種例
Solomon Islands:490 Coral spiecies
Papua New Guinea Kimbe Bay : 350 spieces of hard coral & 860 spieces of reef fish
Raja Ampat : 540 coral spieces & 1074 spieces of reef fish
Komodo : 350 coral spieces & 1000 spieces of reef fish


「コーラルトライアングル」多様性の秘密! コーラルリーフフィシュの移動、拡散 
”Fish Diversity"

 コーラルトライアングルは世界で最も豊かな海洋生態系を有するエリアといわれています。長い年月を経てコーラルトライアングルの複雑な海流と海底地形が多くの生物を育んできました。ダイビングにおいてもこの海域が最も多様な生物と出会えるエリアで世界中のダイバーが押し寄せてきています。
 熱帯のコーラルリーフフィッシュはサンゴ礁に囲まれた島々や環礁の多いコーラルトライアングル周辺で進化、多様化して、太平洋の島々に移動し定着したといわれています。二億年前にはこのあたりテチス海と呼ばれ、 地球上で数少ない赤道直下の浅瀬でした。また海面が現在より百メートル程低い2万年前の氷河時代にはここは オーストラリア、パプアニューギニアの陸塊と東南アジアの陸塊を二分する大きな海峡でワラセアと呼ばれています。
 この東洋区のスンダランドとサフルランドと呼ばれるオーストラリア区の生物相を2分するのがウォレス線といい、セレベス島とボルネオ島の間とバリ島とロンボク島の間で生物相を二分しています。 哺乳類の分布においてはボルネオ島にまで象が生息する一方、オーストラリア陸塊のサフルランドには巨大な肉食の哺乳類は存在せず, 有袋類や陸棲の鳥が多く生息することが有名です。 一方、ウォレス線の東側には貝類や哺乳類の分布の違いをもとに2分されたウェーバー線もあります。 二つの境界線はどちらが正しいということではなく、東西で異なった種類の生物がおり、この周辺の生物の多様性を示している一つの指標となっています。現在も陸上だけでなく、コーラルトライアングルの海域には地球上でほぼ唯一、栄養分豊富な赤道直下の熱帯雨林の島々と深い海溝が点在しています。 またスンダランドとサフルランドから異なった栄養分が流れ込むこともリーフの多様性の一因と言われています。地理的にも火山島を中心とした多くの島々の間を海流が複雑に流れ、複雑な海底地形をも形成しています。サンゴと コーラルリーフフィッシュの種類と生息数はまさに地球が作り上げた貴重な財産です。環境の保護を徹底しないと100年以内にこの海の生態系は消滅するともいわれています。

Protect ”Coral Triangle”! : The global center of marine biodiversity!
上のチャートの数字は太平洋の島々の周囲のコーラルリーフフィッシュの種類数とその拡散の調査結果の一つです


15,000年前の海岸線 スンダランド ワラセア海 サフールランド
15,000年前は氷河期の後期にあたりは海水面が現在より-95mほど低く多様な生物が陸ずたいに移動していました。現在のボルネオ島にも象が生息しているのはそのためです。虎(バリトラ)も1940年ころまでバリ島に生息していました。サフルランドに生息するカンガルーなどの有袋類は虎とは遭遇せずに生息帯域を拡大してきました。

ワラセア(ウオーレスが名付けた)と呼ばれているスンダランドとサフールランドの間の海域は現在のコーラルトライアングルにあたります。この海域の島々で現在のリーフフィッシュが進化、多様化したといれれています。ワラセアからオーストラリア西海岸にかけてはそれほど海岸線の変化は見られないので近くにあるグレートバリアリーフやニューギニアバリアリーフ等のサンゴ礁は長い期間をかけて発達したといわれています。1万年前にようやく氷河期が終わり、海水面の上昇によりマレー、スマトラ島とボルネオ島とが切り離されスンダランドは消滅します。この海域海岸線のサンゴは海になってからの日も浅く、海も浅いのでワラセアやニューギニア島の北部や東部と比べてサンゴは比較的多様化していません。この一連の海岸線の変動がコーラルトライアングルの生物の多様化の一因と言われています。陸上生物についてもインドネシアには世界最大のトカゲのコモドドラゴンや尾が長く、体長ではコモドドラゴンを上回り、5mほどにまで成長するのトカゲハナブトオオトカゲ等の固有種も多く、多様な生態系を保っています。現在はコーラルトライアングルと呼ばれるようになったワラセア海域の周辺は単位面積あたりの種の数は世界中のどこよりも豊富で生物多様性のホットスポットといわれています。

 

© Tamotsu Ogawa

PageTop