0

Map

フィリピン/ The Philippines

 7107もの島から成るフィリピンには、古くから欧米人が訪れており、そのため多くのダイビングエリア、に多様なリゾートがあります。
気候は熱帯性気候で、12~5月は乾季、6~11月は雨季ですがスコールはいつでも降ります。夏場の台風の発生シーズンは、特に東側の島々への旅程に注意が必要です。

東京からはマニラには1日7-8便、大阪からも4-5便も出ており、マニラからは国内線を乗り継ぐ、カラミアン諸島やパラワン島、レイテ、アニラオやプエルトガレラ等の多くのリゾートやダイビングサービスが点在しています。例年11~3月末までの期間、ジンベエザメが回遊するレイテ、ジュゴンに出逢えるカラミアン諸島、大理石の島々が美しいパラワン島のエルニドなどがあります。マニラからバスとフェリーで行けるバライティ豊かなプエルトガレラ、インドネシアのアンボン、レンベに匹敵する小さな被写体が目白押しの海のアニラオなどユニークなポイントが多く、日本からは一番行きやすいエリアです。
日本から4便程度の直行便が出ているビサヤ諸島の中心都市のセブからはボホール、リロアン、モアルボアルにマラパスクアなど比較的短期でバラィティ性の高いツアーが組めます。
セブ島の周辺には空港から30分で行けるマクタンをはじめ、カビラオ島、モアルボアル、リロアンなど人気のエリアが点在しています。リロアンからはギンガメアジの群れで有名なアポ島やドマゲッティ、ジンベエザメのフィーディングで近年注目を浴びるオスロブなどにも行けます。ボホール島からはバリカサグやシキホールなどにも遠征できます。セブ島北部のマラパスクア島ではニタリザメの遭遇が期待できます。

PageTop
DIVE-SITE